2017年4月26日水曜日

今度は糸巻き曼荼羅


少し前から気になってたのが糸かけ曼荼羅
先日の日曜日の午後からの出勤前に常滑の「みんなの縁側」に見学に行きました

そこで初めて知ったのは
糸かけが「素数」に則っていること

改めて調べてみると、シュタイナー教育で取り組んでいる課題だそうです
いろいろ「なぜ?」はありますが、とりあえず、決まり通りやってみます

ホームセンターで買ってきたベニヤ板に印をつけてくぎ打ち
夜にトントンやりたいけど、できない作業なので・・・

さて、糸かけます
スタートの点を決めたらそこから31本目に糸をかけて行って
最初に戻ると小さな円が現れます
次は29,23,19,17,13,11,7そして最後にもう一度31
31から7までの糸は板によせて最後の31の糸はピンの頭に寄せます

最後の糸はプラチナ色の刺繍糸
バイクのスポークみたいね(^.^)

作ってみてわかることもあります

今も部屋にあるこれを時折眺めると
なんとなくポワンとあったかくて落ち着きます(^^)



先日の日曜日の仕事のストレスが重すぎました
翌月曜日は休日なのに何もする気になれない(>_<)
夕方、敷物と飲み物だけ持って浜へ
砂浜にごろり
顔に手ぬぐいかけても風で飛ばされる!

見上げる空は信じられないくらい青くて
乾燥した空に低い飛行機が尾を引かずに飛んで行って
砂浜から10cmの高さで見る波打ち際はなんだか新鮮です
鵜が鳴きながら山に帰って行ったり
シギの群れがやってきたり
つばめがひゅんと飛んできたり

でもまだ背中がリラックスしない・・・
どうやったらリラックスできるんだろうなぁ・・・
1時間ほどごろごろして
5時の「ふるさと」を聴いて戻りました

敷物を敷いたって砂はかぶるし
気にしないで砂に寝転ぶくらいコドモになれればいいのにねぇ
いまだに奥田の浜で裸足になっていません
9年目の今年は海につかってあるきましょうか



曼荼羅といい瞑想といい何か落ち着きたい気持ちがあるのかしら

思い切って好きなピアノのCDを頼んでしまいました
これはね
清水の舞台ですよ!

アシュケナージのベートーベンピアノソナタ全曲集11枚組

山形にいたときによく聞いていたものです
子どもの時に弾いた曲も入っています
アシュケナージのピアノは数多いベートーベン弾きの中でも一番落ち着きます

本当はグールドのバッハもほしかったのですが、Amazonさんでも品切れでした
これはショップに行ってもあるものではないですからね~

それにしても
ケンプや他のピアニストのソナタ全集はもう少し安いのに
なぜアシュケナージのは安くならないのかしら!?



あ・ちゃんと自転車は通勤で乗っています・地味ですが・・・(^^;


2017年4月24日月曜日

4月つれづれ


4月から平日は美浜町体育館のスポーツクラブ勤務になりまして
こんなのどかなところを朝から走って通勤しております
ケンケン

そして仕事帰りに友人宅の裏山でタケノコ堀りをしたりしております・・・
2度目のこの日は30分でこの成果
下ごしらえして半分はそのまま冷凍庫へ直行
お鍋に牛肉とこんにゃくとの山形風のタケノコ煮がまだございます(^.^)



ネットで最近××曼荼羅というのがよく目に入りまして
針金曼荼羅とは何ぞや?
youtube先生によれば、二つの輪に花びらのように針金をつけて
連結させると、まるでルービックキューブを扱うかのように
花びら状の針金を動かして形を次々と変えられるというもの
スペイン語の「先生」でしたが詳しい映像があるのでなんとか(^^;
日本人は「インドで買った」らしいですが、なぜかyoutube先生はメキシコ人!?
少し不満があって、別なyoutube先生(またしてもスペイン語)
のやり方で2つ目製作
円の大きさなどはコツがつかめてきました



もう一つ気になっているのが糸かけ曼荼羅
こちらは円周上にくぎを64本打って
そのくぎに素数の順に糸をかけていくと
美しい円があらわれるというもの

最初は図形的なものだろうと思っていましたが
「素数」を使うというので、あらためて調べてみましたら
ドイツのシュタイナー教育で扱うものでした
CADで直径20cmの円周に64個の点の図は描いたので
そのうちやってみます
個人宅で64個のくぎ打ちは結構音が立ちますので・・・



近所の「昭和のデパート」桔梗屋さん
数年前から閉店セールをやりながらもいろいろなものがまだまだ山積み
下着類(ババシャツ)は少々気になってはいますが・・・
今回の掘り出し物は

めでたい手ぬぐい!!
オリジナルプリント10枚買い占めました
そして配りました(^-^)
大人気でした♪



ぼちぼち花壇も次のことを考えねば
と思ってよく見たら
たくさんのモミジの赤ちゃんが手を広げていました
全部抜くのもなんなので
10株だけ鉢上げ

玄関の原種のチューリップも咲きました
風が強い・・・

晩生の大輪つばきもどんどん咲き進み
毎日ぼたぼたと落ちます
それを手のひらいっぱいに拾うのが毎朝のお仕事

そろそろ畑もやらねばっ


2017年4月17日月曜日

有松で染め物ワークショップ


いきなり春爛漫でございます
 
カエルが鳴き交わす田んぼ道を抜けて
スズメと燕とキジの声の響く知多奥田駅から名鉄を乗り継いて有松へ

大ナゴヤツアーズの主催の有松で雪花浴衣を作ろうワークショップに参加してきました
流石に知多木綿1反を染めるWSですからね
7人限定で実際は3名の参加でした

午前中は有松観光



そして有松絞りの歴史などを学びに会館へ




国宝級の職人おばあちゃんたちが作業しています

こちらのおばあちゃんは皇居で勲章を受けたのです


そこから歩いて数分の染め屋さんの作業場へ移動します
お弁当を頂いたところには、モダンなサンプルがたくさんたくさんならんでいます
アパレル業界へのチャレンジです

こちらが仕上がり見本
1反13mの分量ってこれくらい

本番の前に手ぬぐい半分サイズで練習します
まずは縦に蛇腹に6つに畳んで
それを正三角形に折り重ねていきます
それを板ではさんで輪ゴムで締めて
上1/4ほどを残して染めるとこんな感じ

雪花模様専用に生地はすでに4つ折り、6つ折りに畳まれています
それをひたすら正三角形に折りたたんでいきます
今回は3名とも6つ折り 
テープで止めて休憩しながら
やっと終わった・・・
板に乗せて、両端から三角形の板で圧をかけていきます

染める前に脇の板とマスキングテープは外します
この三角が崩れると大変なので輪ゴムをたくさんかけます(ボンレスハム加工^^; )

これを落とさないように工場へ移動し染め作業に入ります

雪花模様は他の有松の絞りと違って染屋さんの仕事です
絞りは地模様の染め、絞り、染め、糸解き、湯のし、と
作業工程は分業ですが
雪花に関しては化学染料が出てきたことで染めの技術として発達した柄だそうです

今回はみんな同じ藍色単色希望だったので準備が楽だ~と職人さんおっしゃってました
準備OK
熱々の染料に浸します
手を放すと浮いてくるので、押さえつけること5分
引き上げるとこんな感じ
排水路の上に置いて水をかけます
白い部分を白く保ちます
輪ゴムとタコ糸を切って水に放しますと
真っ黄色!

少し酸素にさらすと、あら不思議。緑色になりました!!
それをさらに酸化させるとすっかり藍色

発色が安定したら脱水してお披露目~
5時間の工程でございます
朝から8時間はさすがに疲れました

この後は仕立て屋さんにまわって、ひと月ほど後には浴衣になって届きます(^^)

なかなかこんなに充実したワークショップもないですね

当日みやげ
縁を縫ってハンカチにいたしましょう(^^)


2017年3月29日水曜日

4月から・・・


ワタシはもともとインドア派で
学校帰りに遠回りの散歩はしても
かけっこなどはほとんどしない大人しい子でした
父が若いころ結核を患ったこともあって、野外活動がほとんどない家庭でした
なので小学校2年までは何もできない子供でした



なぜか3年生になったら
逆立ちも水泳も跳び箱も自転車もなんでもできるようになって
体育の授業では標準のことができるようになりました
・・・逆上がり以外は・・・

でも中学高校大学と音楽をしていたし、気持ちはインドア

40を過ぎてからのロード乗りですが(ハタチの頃も乗っていましたが)
今はワタシの脚となったバイクのおかげで
何故か私はアウトドア系のスポーツ女子と思われているようです
(人のイメージでは自転車と編み物や縫い物は同居しないようです)

運動は嫌いではありませんが、決して好きなわけではないのです
ただ、将来(老後)のロコモーティブシンドロームなんて真っ平ごめんなので
ある程度体には気を遣っているだけなんですが・・・

そんなワタシが4月からは美浜町のスポーツクラブに勤めることになりました
なんの躊躇もなく応募したくせに
「ぴったりじゃ~ん」と言われると
「えっ!?」と思っているのです(^_^;

ますます地元密着です(^^)

・・・・・


最近(テレビで)見た映画
「LIFE!」
ベン・スティラーのコメディはそれほど好きではなかったのですが
この映画はそれ以上に素晴らしく美しい世界を見せてくれて
あ~これ映画館の大画面で見たら泣くなぁ
と思いましたよ(^^;
音楽も、3年前のグレートトラバースのテーマ曲に使われていたもので
サウンドトラックやホセ・ゴンザレスのアルバムも手に入れました
サウンドトラックまで買ったのは「恋人たちの予感」以来です
(あちらはハリー・コニックJr.のおしゃれなジャズ曲集でした)
そういえば、「恋人たちの予感」の助演はキャリー・フィッシャーでしたね




「A Man for All Seasons(わが命つきるとも)」
主演はポール・スコフィールド
イギリスの国王が離婚することでカトリック教会と袂を分かつことになる渦中で
自分の主張を貫いて処刑されたトマス・モアの生涯を描いた映画です

いわばイギリスの時代劇ですが
トマス・モアの高潔さが心に残ります


2017年3月25日土曜日

山車祭り始まりました


セラモールの創業祭+畑のマルシェのperiko畑さんに会いたいなぁと
セラモールまで
さすがに混んで駐車場はどこもいっぱい
でもバイクだから平気(^^)

広場にはふれあい動物園まで来てるよ(^o^)/
頭をくるりくるりと回すフクロウさん
でっかいカメ~
他にもかわいい動物たちがいっぱいで子供たちが興味シンシン

畑のマルシェではハーブファームリッコさんのハーブティーを購入
あとひと月ほどでガーデンオープン!楽しみです(^^)

会いたかったperiko畑さんは残念ながら出店してませんでした
4月は大きな出店が二つあるから猛烈準備中でしょう
太田川のアルトゥエンを楽しみにしています(^^)

行くときも県道252を南下するライダーがたくさんいたのだけど
皆さん反射ベストを着ていらっしゃる
知多半島でブルべなんてやってたかしら???
と思っていたので
帰り道ちょうど信号で追いついたベストのライダーに聞いてみたら
「大津スタートで半島を回るブルべです」
あっ!!
ツクさんが言ってたブルべだっ!!
じゃあ午前中ツクさんとすれ違ったかも(^^)

坂井から国道に出るコースだったようだけど
ちょうどお祭りの交通規制中
というわけで堤防道路をもうしばらくご一緒しました(^^)


一度帰宅して
若い友達(^^)と待ち合わせして内海の大宝寺へ木蓮を見に
途中、奥田南の山車が夕方仕様に模様替え中

友達は原付なのでところどころで待っていただいて大宝寺へ
大宝寺は初めてだったそうで
どんな山奥に入っていくのかと思ったそうな(^.^;

白木蓮は見ごろでしたが紫木蓮はまだ早かったです
他にも春の木の花が花盛り
落ち着く場所です
もう少し早く来ればモクレン茶屋でお茶できました(^^;

内海の浜に降りてきて
少し気になっていた場所へ・・・
フラワーラウンジ内海さん
どんなところかなぁと首を伸ばして覗いていたら
支配人のミハルさんに「ぜひ見ていってください」
と3フロア案内していただきました(ワタクシバイクウエアにバイクシューズです;;)


空いていた旅館をリニューアルした素敵なラウンジです
1階で海を見ながらお茶できます
鉄板焼を楽しめるレストランも3階にあります
2階は宴会場ですって
いずれバイクスタンドをおいてくださるそうなので
うつみの浜を通って帰るときはぜひ(^^)
快適な空間で海を眺められるのは落ち着きます


そろそろ夜仕様の山車の提灯に灯りがともるかしら
それにしても山車はどこにいるのかしら?
と思いながら二人で走っていたら
ビーチランド前のコンビニに2台そろってました(^^)
そのまま「南」の山車は南へ
「北中」の山車は北へゆっくりゆっくりと牽かれていきました

明日の予報は雨から曇りがちになったので
明日のお祭りも無事に回れるといいな
明日は上野間もお祭りです(^^)

本日は〆て50kmほど

・・・・・

春まっさかりで台所が花であふれています(^^)

先日届いた荷物が珍しく朱鷺の切手が貼られていました
朱鷺色が美しくて切り取ってきれいにしておきました
そのうち何かに飾ります(^^)

毎年調理用トマトを育てていますが
去年までのイギリスから種を取り寄せていたのをやめて
今年は日本の種にしました

畑も耕していただいたので、今年はジャガイモでも植えてみようかな(^^)