2017年6月21日水曜日

ライブを見たり、猫と遊んだり


写真がないとブログの体裁が整わないけど
ないものはない:-D

18日はかねてから行きたかった京都のバンド「ザッハトルテ」さんのライブ
お仕事休みを頂いて、常滑本町の「みんなの縁側」へ

すぐに分類したがるのは日本人の癖だけど
でも
チェロ、ギター、アコーディオンのトリオ
と説明するだけでは絶対言葉が足りない
アコーディオンの響きから、アルゼンチンタンゴ系かなと思うけど
どちらかというと、フランス風
でもアコーディオンは頑強なドイツ製

私が20年ほど前に少しだけ住んでいたドイツのトロシンゲンという町は
ホーナーの本社のある町でした(音楽大学もありました)
ホーナーといえば、アコーディオンとハーモニカの会社です
スティービー・ワンダー愛用のハーモニカもホーナーです
閑話休題

ギターさんは、お笑い芸人かと思うような素っ頓狂な高音で話します
まるで関西の芸人さんです
そして手品もします
みなさん体も張ります(^^;

50人ほどのお客さんの女性率は9割以上でしたが
その笑いのツボを鷲掴み
終始笑い声の絶えない2時間でした(^^)



その懇親会を蹴ってまで会いたかったのは

コバレレコーヒーさんちのネコ
金ちゃんとBT

一家でコバさんの実家である島根に早めの夏休みに行っている間の世話をひき受けました
ほぼ毎日明るいうちに行って
思う存分甘えさせて、ぐりぐりうりうりわしゃわしゃし放題
おちついたかな、という頃にトイレ掃除と水、エサの世話
至福の時間でございました(@^-^@)



今日は「傘が役に立たない暴風雨」との予報でしたが
午前中で上がりました
それにしても豊浜では被害があった様子です

これは悲しいです・・・
祭りまであとひと月ほどですが
無事にこの雄姿が見たいです

 

2017年6月12日月曜日

レース日和でしたね


セントレアIRONMANの選手サポートと写真撮影のため5時起き(>_<)
新舞子へ
トップ選手がスタートするのは0730だけど
一般選手はその後0930まで15分おきの年齢別時差スタート

古見の駅から裏産業道路に入る道で撮影開始
特にバイクのフォームをきっちり横から撮影してほしい
という要望があって、ずっしりごついカメラを渡されたの
これが大きくて重い(>_<)

0800近くになってトップ選手がモトの先導でやってきました

美しいでしょう(^^)
ここで友人たちを何度か確認できるまで撮影してました

フォームは面白いです
理にかなった正しい美しいフォームなら必ず速い・わけではないですが
トップ選手は美しくて速いです

トップから2時間差スタートの組までしばらく撮影して
軽くお昼を食べてりんくうマリーナに移動したら
すでにトップはゴールしていました・・・(>_<)
RUNの写真撮れず



実は、前日ペダルハウスで仕事していたら電話が入りまして
IRONMANの海外選手が、バイクが届かないので借りて出場したい、と
通訳ボランティアさんとやってきたのは中国人のサイモンさん
ロードを選び、ドリンクホルダーを二つにして
ペダルはフラットのまま

新舞子まで私が先導して連れて行き無事にバイクチェックインできました
その後も回収をどうするかでいろいろありましたが
最終的に松村さんにもお世話になりました

サイモンさん 完走したものと思っていましたが
DNFだったようです
バイクは走り切ったみたいです

初めての、家族をつれた日本滞在で
バイクが届かないというトラブルでしたが
レンタルバイクで走ることができてよかった(^^)




セントレアという国際空港の目の前で行われるレース
そのメリットが出てきたなぁと実感しました
一方で、こんなこともあったそうです

IRONMANというのは長距離トライアスロンの一大ブランドで
世界中でレースが行われて
そこから権利を得た選手がハワイのコナで行われる世界選手権に出場できます
それがロングトライアスロンをする人たちの憧れです
で、その半分の距離で行われるIRONMAN70.3
(半分とはいえ、オリンピックの距離の倍です)
こちらも同じ仕組みで開催されて、世界選手権は毎年場所を変えて開催されます
今年はアメリカのテネシーと聞きました
今回の大会でもその権利を得た人たちが発表されましたが
日本人の多くが辞退したそうです
やっぱり、皆さんハワイの大会に行きたいんですよね
代表権を得るレベルの選手たちはロングも走れる方たちだから



私は今回はバイク移動より立って写真撮影の時間が長かったので
スネが日焼けしました(^^;



プチ打ち上げで
トニックウォーター+グレープフルーツジュースに
ブルーベリー、ラズベリー、小粒のぶどうとミントがトッピングされたのが
かわいくて美味しかった(^^)
トニックウォーター常備しようかな(^^)


2017年6月9日金曜日

そして・東京へ


九州旅行の疲れもとれないまま
日曜日の仕事のあと
東京へ

J-waveエリアに入ってラジオから流れてきたのがコレ
あまりにPOPなメロディーに耳を疑う歌詞!
これをオカズにしばらく議論が・・・(^^;

折しも、雑誌アエラの冒頭でピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズの新作
IS THIS THE LIFE WE REALLY WANT?
が取り上げられていまして
   ”音楽、特にポピュラー・ミュージックは、良くないことに抗議するまっとうな手段であり、
   ミュージシャンは声を上げる権利を持つ、と。いや、権利どころか義務だとさえ言える”
そう言って作品に現政権に対する批判を込めたわけです

・・・・・

月曜日はかねてより連絡を取っていた
有職造花師の大木素十氏の作品を見せていただきました
有職造花についてはこちら

まず見せていただいたのは平薬
源氏物語にも季節のご挨拶代わりに薬玉を贈るというエピソードがありますが
その平なもの、という意味の平薬(ひらくす)です
 


和紙で裏打ちした絹を岩絵の具で染めて作ります
茎などは西陣の糸で巻いています

写実よりも和のデザインなのであえてベタな色を使っている部分もあります

大木さんは造花だけではなく、鳥の木彫などの工作もなさいます

そして次に見せていただいたのは人形の細工もの




この大垂髪(おすべらかし)もこのような本式で作る人はほとんどいないそうです

これが現代のお雛様によくある髪型
ちょっと悲しい・・・

こちらはなりひら君

この髪も冠も手に持つ和とじの本もすべて手作りです
なんと色っぽいことよ

こちらは天皇の即位の礼で正装した際に
妃が持つ檜扇のミニチュアレプリカ
技術的には同じことができるかもしれません
でも
素材やその調達もとの京都との太いパイプ
材料や作る物に対する深い理解
その立ち位置や心構えに、ものすご~い孤高の仕事だなぁと感じました

この作品保管のマンションの住人(^^)



・・・・・

火曜日の夕方はこちら(^^)

初めて入りました、武道館!

STINGのライブでございました
生で見る機会があろうとは・・・POLICEの名曲を聴くことがあろうとは



九州のお料理を肴に夜は更けるのでした




2017年5月31日水曜日

大分から阿蘇へ


土曜日の午後に出発して
はるばる来たぜ!大分
初日の一枚は中津駅前の諭吉様

翌日生家と記念館に行きました
あらためて著作を読みたくなりました

中津城は黒田官兵衛が建てたお城

まずは湯布院の道の駅までドライブ
「山がまるでゴルフ場みたい(にきれい)」と言ったらまずいかなぁ
という会話をしたのだけど
これは早春の山焼きのおかげだそうです
そして自衛隊の演習場だそうです
道の駅からはバイク
今回のバイクの友は「梅入りめかぶ茶」
これがね~最高でした
しゃぶっていると塩分のあとにうまみが出て高級出汁を口に含んでいるのと同じ
固まる心配もないし、少量なら猛暑でも変質の心配がないです(^^)v

ここからはやまなみハイウェイという名の一般道を走ります
阿蘇の外輪山を登り高原の風景を楽しみます


突然現れた鶴のトピアリー!
鹿も飼ってました(^^;
で、何屋さんかといえば、トウモロコシ屋さんだったりします

阿蘇の夕暮れ

阿蘇駅前に道の駅があって自転車にやさしい町
新しいパターンのバイクラックでした

3日目の朝飯前(ウソ)に阿蘇山の草千里まで登ります
途中に漱石の碑がありました

 
『二百十日』という小説はどんなだったのかと調べたら

「漱石の小説としてはあまり論じられることのない小品である」byウィキペディア
だそうで・・・

ところどころで工事しています
道路の片側が完全に落ちているところ、
土手が崩れたところ
舗装面もこまかく亀裂が入ったりして震災の傷跡は結構見受けられました
(下りは衝撃が怖かったです)
映画「美しい人」2作を見たりしたあとで
阿蘇に来ることになるとは、熊本でこんな気持ちになるとは・・・



牛がたくさんいます(^^)

小学校の国語の教科書にあった
三好達治の「大阿蘇」という詩を思い出しました

  雨の中に馬がたっている
  一頭二頭仔馬をまじえた馬の群が 雨の中にたっている
  雨は蕭々(しょうしょう)と降っている
  馬は草を食べている
  尻尾も背中も鬣(たてがみ)も ぐっしょり濡れそぼって
  彼らは草をたべている
  あるものはまた草もたべずに きょとんとしてうなじを垂れてたっている
  雨は蕭々と降っている
  山は煙をあげている
  中獄の頂から うすら黄ろい 重っ苦しい噴煙が濛々(もうもう)とあがっている
  空いちめんの雨雲と
  やがてそれはけじめもなしにつづいている
  馬は草を食べている
  草千里浜のとある丘の 
  雨にあらわれた青草を 彼らはいっしんにたべている
  たべている
  彼らはそこにみんな静かにたっている
   ぐっしょりと雨に濡れて いつまでもひとつところに 彼らは静かに集まっている
  もしも百年が この一瞬の間にたったとしても何の不思議もないだろう
  雨が降っている 雨が降っている
  雨は蕭々と降っている

今回は素晴らしい五月晴れでしたが(^.^)






写真ではなかなか伝わりませんが
外輪山の雄大なこと!

草千里到着~
その後ろ側にはこんな風景もあります

阿蘇を降りて大観峰経由ミルクロード・やまなみハイウェイで
湯布院の道の駅を目指しますが・・・

途中こういう小さな小さなお地蔵様がいらっしゃいました

大観峰から臨む阿蘇五岳
涅槃像に見える?
日が長いとはいえ、そろそろ明るい時間に車まで戻れるか!?
という時間になってきました
でも吊り橋見たい・・・^^;

しかし、ゲートは閉じられ、橋の前も完全にシャットアウト
(後で聞いたら、自殺者が多かったからだそうです)
遠目の写真だけ
さて、ここからまた激坂を上ってやまなみハイウェイ経由は大変なので
この吊り橋がかかる川沿いを下ることに
強烈な九十九折のダウンヒルでございました



軽快にサイクリングしているように書いておりますが・・・
実はアシストバイクを使っています(^_^;
バッテリー2個体制、充電器つき
一泊用の最低限の荷物とバッテリーと充電器を詰めたバッグをサドルの後ろに固定した
アシストバイクって何キロあると思います~!?
そしてそのバッテリーが切れたときに上りだったらどうなると思いますぅ?

というデメリットもありますが、アシストはやはり強力!
阿蘇のヒルクライムもやまなみハイウェイも走り切れなかったでしょう
でも・でも・・・と言いたいことはたくさんあるけどさっ



結局私は豊後中村駅で荷物とともにお迎えの車を待つことになりました
それにしても素敵な駅舎じゃございません?
一体どんな旅行者が・・・(^^;
 三日月とともに



由布岳の朝
由布岳の「ぷっくりパフっ」な姿を「肉まん」と呼んでおりました^^;

九州最後の食事はちゃんぽん
いや~しかし
九州は遠い(一気にドライブしようとするからだけど)
そしてとどめの亀山JCTから四日市JCTまでの工事渋滞(>_<)

深夜にこれは参りました
でも四日市あたりの渋滞解消のための3車線化なので
ご安全に(^.^)